DORMY BIZDORMY BIZドーミーの社員寮

目的

寮生様の安心・安全を守るために!コロナ禍の現場を取材しました!②

目的別解決策
▼こちらの記事もぜひご覧ください▼
寮生様の安心・安全を守るために!コロナ禍の現場を取材しました!
ドーミーでは、学生様も含めると全国でおよそ4万名以上の寮生様をお預かりしています。今回は、ご入寮されているお客様の安全を守るための取り組みをご紹介します。続きはこちら>

社員寮にご興味を持たれた方は、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

ドーミーでは、学生様も含めると全国でおよそ4万名以上の寮生様をお預かりしています。前回に続き、ご入寮されているお客様の安全を守るための取り組みをご紹介します。

感染疑いがあった場合もしっかり対応!

ひとつめは、新型コロナウイルス感染症の感染疑い者が出た際の実際の対応をご紹介します。

こちらの寮では、ご入居者から体調不良の申告を受け、新型コロナウイルスの感染疑いがあったため、PCR検査の結果が出るまでの間、寮内に完備されているゲストルームにて一時的に隔離を行いました。
その際に気をつけていたこととして、以下のようなことを挙げられていました。

  • 室内に45リットルのゴミ袋を用意し、捨てる時はご入居者に袋をしっかりと閉じてもらったうえで、外側をエタノール製剤で噴霧し、ドアの外にゴミ袋を出しておいてもらう。(室外へ出ないよう、ゴミ捨てはマネージャーが行う)
  • ゲストルーム内に設置された風呂・トイレのドアを開放し、換気扇を常時回すことにより室内の空気を外に逃がす。(共用部や廊下等に室内の空気が流れてこないようにする)
  • 電話にてお客様の健康状態を確認。3食の食事は本人の食べたいものを聞いたうえでマネージャーまたは同僚が買い出しを行う。

館内に感染者が発生した際は、寮食の提供を停止し、各自で食事をご用意いただきます。食事提供停止期間中は食堂の利用も停止させていただくため、感染リスクは軽減されます

domy_20210212_pic01.jpg

こちらのご入居者は検査の結果、陽性反応が出たため、指定のビジネスホテルへ移動されました。回復されて寮に戻ってきた際、「ホテル隔離中は自由がないのはもちろん、食事がおいしくなかったため、寮での対応が天国のように感じられた」というありがたいお言葉をいただきました。

ドーミーでは、感染防止策として飛沫防止シートやパーテーション設置、接触箇所や食器などのこまめなアルコール消毒といった対策を行っており、加えて「寮内に於けるコロナ陽性者発生時フロー」を用意し、緊急時にも迅速に対応できるよう体制を整えています。

domy_20210212_pic02.png

このような対応は全国のドーミーで共有され、徹底して行っております。
コロナ陽性疑いが発生した際は、マネージャー夫妻への対応指示を行い、ゲストルームが無い場合は当社運営のビジネスホテル「ドーミーイン」にて待機受入れを行うほか、陽性が判明した際には当社グループ企業の「株式会社ビルネット」にて速やかに全館消毒を行うなど、当社グループ一丸となって新型コロナウイルス対策を行っております。

ご入居者のストレス解消のために「リフレッシュゾーン」を開設!

ふたつめは、緊急事態宣言発令後の外出自粛要請を受け、ストレスが溜まっていたご入居者への対応をご紹介します。

様々な企業でテレワークが導入され、外出する機会が減り、部屋にずっとこもりきりの日々。新社会人のご入居者もリモートでの研修が始まり、皆様のストレスは溜まる一方でした。

そのような中、こちらの寮の敷地内には屋外に広いスペースがあり、倉庫にはずっとしまわれていたキャンプ用のテーブルや椅子、アウトドア用の折り畳みベッドが多数あったため、これらを晴れた日に設置し、「リフレッシュゾーン」として自由に使えるよう開放しました。
また、週末や休日にはパターゴルフも設置することでアクティビティも用意し、ソーシャルディスタンスを保って皆様のストレス軽減に努められていたとのこと。

実際にご利用いただいたご入居者からは「寮に居ながらも南国のリゾート地のような心地で、とてもリフレッシュできた!」と大変喜ばれました。

domy_20210212_pic03.jpg

ご入居者の安心と安全な生活を守るために

ここに紹介した事例は一部ではありますが、このように、それぞれの寮ではご入居者の安心・安全な生活を想って、日々工夫を凝らしながら皆様と接しております。

今回取材したマネージャーの中にも、「私たちは高齢のため、新型コロナウイルス感染症については常に不安を抱いています。しかし、そんな中でもご入居者には安心して生活していただくため、責任を持って日々対応しています」との発言がありました。

他の寮でも、マスクが手に入りにくい時期にマスクを着用せずに外出していたご入居者を見かねて、寮母さんが手作りして皆様にお渡ししたところ、「大切に使います。そのお気持ちが大変嬉しいです!」と感謝のお言葉をいただいたとのコメントもありました。

domy_20210212_pic04.jpg

また、新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として、寮の出入口付近にサーマルカメラ(非接触型自動検温機)を順次設置いたします。37.5℃以上の熱を感知した場合はアラートが発報されますので、体調不良者を早期に把握できます。

従来からのマスク着用、手指アルコール消毒に加えて、寮スタッフや入居者だけでなく見学や納入業者などの訪問者にも入館時の体温測定を義務化することで、よりご安心してご入居いただける仕組みづくりに努めてまいります。

domy_20210212_pic05.jpg

まだまだ新型コロナウイルスは猛威を振るっており、以前のような日常が戻る気配はありませんが、これからも本部と現場が一体となり、皆様の生活をサポートしていきます。どうぞ安心してご入寮ください。

社員寮にご興味を持たれた方は、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ