DORMY BIZDORMY BIZドーミーの社員寮

課題

外国人スタッフの賃貸探しは大変!「社宅」「社員寮」で、安心して働ける環境の提供を!

課題例

外国人スタッフの社宅・社員寮提供ついては、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

グローバル化が進み、日本国内でも外国人労働者が増加しています。外国籍の人材を雇用する際、配慮したい点の1つが住居のサポートです。外国人にとって、日本でのお部屋探しは非常に苦労をともないます。安心して日本での生活をスタートできるような住まいを用意しておくことをおすすめします。本記事では、外国人スタッフに対する住居提供の必要性や、そのサポート方法について詳しく紹介します。

なぜ、外国籍の人材に、「社宅」「社員寮」が重要なのか?

外国籍の人材を雇用するにあたり、住まいの用意が重要となる背景には、賃貸を契約することに対するハードルの高さが挙げられます。

日本人であっても、初期費用の負担や保証人の手配など、賃貸契約に手間や難しさを感じるケースはよく見られるものです。日本語を十分に理解できない外国人にとっては、さらに、難易度が高く、心理的なストレスも強く感じられることでしょう。

外国人の家探しが難しい背景

外国人の家探しが難しい背景には、貸主側の心理的ハードルの高さが挙げられます。特に、日本語能力への不安感です。貸主側が語学力に長けていない限り、コミュニケーションが円滑に取れるかどうか、という点は非常に重要となります。

また、文化の違いにより発生する、騒音問題やゴミ出しなどの規律違反や、近隣トラブルを避けたい気持ちから、外国人への貸し出しに躊躇する貸主も少なくありません。

それだけでなく不動産システムや慣習の違いも、外国人にとっては大きなハードルとなります。日本では一般的な「敷金、礼金、仲介手数料」といった初期費用の形態は、他国とは異なるもののため、外国人には理解しづらい出費となります。

それに加えて、「仲介会社」・「管理会社」・「大家」といった立場について違いを理解してもらうのもハードルがあります。仲介会社と管理会社は、どちらも「不動産会社」ではありますが、仲介会社は顧客へ物件を紹介し、契約に至るまでが役割です。一方管理会社は、主に契約後にやり取りを行う窓口という立場です。物件によっては、オーナーである大家との関わり方も異なってきます。それぞれの立場の違いが外国人にとっては理解しづらく、仲介会社に対して「契約後もサポートをしてもらえないのは、なぜなのか?」と疑問を抱いたり、「仲介手数料は、なぜ支払わなければならないのか?」を理解できなかったりすることがあります。

日本語が堪能ではない外国人の場合は、不動産会社に不当な契約を結ばされるのではないか?といった不安を感じることもあります。契約書の文面は、日本語が母国語の人であっても理解しづらいもの。外国人にとって、なおさらハードルが高いのは当たり前です。

さらに、無事に物件の契約に至ったとしても、電気・ガス・水道といったライフラインの手続きがわからず、困ってしまう方も多くいます。

ここまで紹介してきた通り、外国人にとって家探しは、想像以上に難しい不安要素なのです。逆の見方をすれば、安心できる住まいを用意しておくことは、外国人スタッフにとって喜ばれる、意義のある福利厚生といえるでしょう。外国人スタッフの求人を出す際にはアピールポイントにもなるのです。

外国人への住まいを用意する方法

外国人に対応した住まいを用意する方法には、次の4つが挙げられます。

  1. 1)借り上げや、自社物件の保有
  2. 2)外国人の入居可能な不動産会社との提携
  3. 3)多国籍シェアハウスの運営会社との提携
  4. 4)外国人入居者の受け入れ体制がある、住まいサービスの利用

このうち、1)借り上げや自社物件の保有の場合、物件と設備の費用に加えて、社宅の運用・管理にコストがかかってしまいます。また入退去の手続きや入居後のサポート体制などの対応も含め、全て会社が行わなければなりません。

2)で挙げた不動産会社や3)で挙げた多国籍シェアハウス運営会社との提携は、自社で社宅を運用するよりもコストを抑えられる点がメリットです。また、外国人スタッフが自ら不動産会社へ連絡をして門前払いをされてしまう、といったことも防ぐことができます。ただし、不動産会社と提携をする場合は、その都度物件を探す必要があります。多国籍シェアハウスの運営会社と提携をする場合は、入居する外国人スタッフが、「シェアハウス」という居住形態をどうとらえるのかが留意点として挙げられます。

一方、4)で挙げた外国人入居者の受け入れ態勢が整っている住まいサービスは、入居から生活のサポート、施設の管理運営までを任せられます。管理人が常駐している物件もあり、何か困ったことが起きた際に相談に乗ってもらえるという安心感も大きなメリットだといえるでしょう。

▼共立メンテナンスの社宅・社員寮サービスについて▼

外国人に安心して日本で活躍してもらうためには、生活の基盤となる住まい選びに関する不安やストレスを、いかに軽減できるのかが大切になります。その一方で手厚いサポートを用意しようとするあまり、提供する企業側に過重な負担がかかってしまうのも避けたいところです。

共立メンテナンスが提供している社員寮ドーミーのサービスは、外国人の住まい探し問題を解決できるサービスの1つです。保証人不要で、法人契約ができ外国人入居の受け入れ実績が多数あります。利用案内資料は、日本語のほか、英語・中国語・韓国語版も用意されています。日本語が堪能ではない外国人であっても、居住ルールの理解に困ることはありません。

朝夕の食事サービスがついていることも、居住者にとって嬉しいポイントです。専属の管理栄養士が作成した、栄養・味・見た目とバランスのとれた献立を提供できるので、外国人スタッフの健康維持といった面で、雇用する企業側にも高く評価をいただいております。また、家具・家電も付いているため、日本での暮らしを始めるにあたり、個人で負担する初期費用を大幅に削減可能です。その上、24時間365日で管理人が常駐しているため、体調面・生活面でトラブルが起きた際の安心感も大きなメリットです。

さらに、1室から利用できるのも、大きな特長です。期間については1ヵ月からの短期利用も可能となっております。外国人スタッフに対する住居提供の課題を解決するため、「まずは少人数や短い期間からでも社員寮ドーミーのサービスを利用してみたい」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ドーミーの社宅・社員寮について興味を持たれた方は、こちらをご覧ください。

5つの法人メリット

外国人スタッフの社宅・社員寮提供ついては、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ