DORMY BIZDORMY BIZドーミーの社員寮

一棟利用
管理・運営の特長

一棟利用ならではの運営で
社員寮の効果を最大化します

貴社独自の「人材育成の場」としての社員寮を実現します

共立メンテナンスでは創業以来、社員寮のお手伝いをしてきました。その豊富なノウハウと洗練されたサービスをフルに発揮できるのが「一棟利用」です。私たちは、寮の専門会社としてのノウハウとスケールメリットを活かし、良質なサービスを合理的なコストで提供することで、お客様のご要望にお応えしていきます。めまぐるしく変化するお客様の事業環境に合わせて、必要な場所に、必要な期間だけ、必要な施設をご活用いただけます。

管理・運営の業務を一括でアウトソース化

自社で社員寮を運営する際には、様々な手間とコストがかかります。施設管理はもちろんのこと、管理担当者の採用や研修にかかるコスト、また、実際の運営上の細かな部分では、ご入居者ごとの公共料金の支払い手続きなども、毎月のことだけに負担は決して小さくありません。共立メンテナンスの一棟利用であれば、それらを全てアウトソース化することが可能。社員寮の管理・運営にまつわる煩わしさを解消することができます。

選べる精算方式

社員寮運営のプロのマネージャー夫妻が施設に常駐

社員寮の管理・運営は、プロのマネージャー夫婦が常駐して行います。同じ屋根の下で暮らすからこそ可能となる、施設の安全面での気配りや、コミュニケーションのある和やかな環境を実現します。程よい距離感でご入居者の生活を見守りつつ、さりげない目配り・心配りも欠かしません。気になったことは気軽にご相談いただける雰囲気作りが好評です。

共同生活で高まる愛社精神と帰属意識

一昔前までは、新入社員が独身寮に入り、数年間の寮生活を通じて社会人としての基礎力を育むことが当たり前でした。そして近年、その価値が見直されつつあります。特に一棟利用の場合は、普段の生活で顔を合わせるのが全て会社の同僚となります。同じ会社の仲間たちと朝夕の食事を共にしたり、大風呂での裸の付き合いをすることで、愛社精神や社員同士の絆、会社への帰属意識が高まります。

部署間交流が活発化し、会社利益への貢献も

一棟利用の社員寮では、様々な年代の先輩・後輩や、他部署の同僚たちと生活を共にすることになります。日常の職場とは異なる人間関係の中で生活することで、新人や若手社員は自然と挨拶や礼儀などの作法を身につけることが可能です。また同時に、寮生活の中で育まれた「タテヨコの関係」が職場での部署間交流の活発化につながり、会社全体の利益に貢献するというメリットについても、再評価の機運が高まっています。

独自の利用ルール設定で「人材育成の場」に

一棟利用による社員寮においては、入寮者のことを考えた自由な運営や、独自の利用ルール設定ができることも大きなメリットです。これにより、新入社員や若手社員に対する単なる福利厚生の一環ではなく、「人材育成の場」という観点での活用が可能となります。例えば、入寮者の中から代表者や幹部を選出するルールを採用すれば、主体性の醸成が期待できます。また、社風の浸透を目的とした施策も、一棟利用なら実現可能です。

一棟利用は独自のルール設定が可能